コラム

人前式の魅力やメリットは?

人前式

人前式とは、人前でこれからの人生について誓いをたてるタイプの結婚式です。人前式のメリットは参列者に対して愛を誓うというものでして、教会式や神前式のように、キリストや神に誓うものとはまた違った形での挙式が行われます。人前式を行うことで、周りの人に対して感謝の気持ちが生まれますし、参列者からもサポートを得られるきっかけになります。結婚生活を二人で行っていくにあたり、周りのサポートは必ず必要になります。そういったサポートを得られるという点でも人前式はおススメです。

詳しくはこちら

少人数結婚式の受付はどうする?

結婚式の受付

少人数結婚式における受付業務ですが、両親や兄弟といった近しい家族だけで結婚式を挙げる場合は、改めて式場に人を案内する必要がないので、案内役を設けなくてもよいでしょう。しかし遠方から親族が来てくれたり、友人なども参列してくれたりする場合は、幾ら少人数といっても受付を設けて、芳名帳に名前を書いてもらった方がいいでしょう。いい思い出にもなりますし、後々参列者にお礼などを言いたい場合にも利用することができます。受付の係を選出する際には、兄弟やしまいにお願いをするようにしましょう。

詳しくはこちら

少人数結婚式や家族婚での引出物はどうする?

結婚式のギフト

少人数での結婚式におけるメリットは、きちんと費用が抑えられることや、参列者一人一人とちゃんと話ができることなどが挙げられます。アットホームな雰囲気で挙式できるのも、結婚式におけるメリットの一つだと考えられています。大人数で行う結婚式の場合は、引き出物をきちんと準備したり、参列者の好みに合うようにカタログギフトを用意したりします。家族での結婚式や少人数での結婚式の場合は、その場で引き出物を渡すこともできますが、後日祝儀をくれた人にのみ、内祝いのような形でギフトを贈った方がよいでしょう。

詳しくはこちら

少人数結婚式ならではのおすすめ演出

バルーンリリース

少人数の結婚式だからこそできる演出というものが幾つかあります。例えば、全員で大空に風船をリリースするバルーンリリースや、結婚指輪を新郎新婦の元へ人を伝って届けるリングリレー、新郎がゲストから一本一本花を受け取り、花束にして渡すブーケセレモニーなどが挙げられます。少人数の結婚式だからこそ、行えるスペシャルな演出があると、ゲストも喜びますし、二人にとっても忘れられない結婚式になります。たくさんの人では決して表現できないウエディングの演出を是非取り入れてみてください。

詳しくはこちら

結婚内祝いのマナーやおすすめの品

結婚内祝い

結婚式の内祝いには相場がございまして、基本的にいただいたお礼の半分以下の金額帯で納めると失礼に当たりません。最近では挙式や披露宴を行わずに、入籍のみや食事会のみで済ませるカップルも増えてきています。内祝いを送る内容としては、お菓子やお茶といった定番の食べ物がおススメです。逆に奇をてらったものやかさばるものはプレゼントされても迷惑になる可能性があるので控えましょう。他にも、カタログギフトなど相手が選べるものを贈ると喜ばれます。

詳しくはこちら

結婚式の招待状の書き方やマナーについて

結婚式の招待状

結婚式の招待状には書き方やマナーがあります。招待客に夫婦で参列してほしい場合には二人の名前を並べて書きます。宛名は毛筆や筆ペンを用いるのがマナーです。招待状の文面は業者との打ち合わせで決めます。招待状に何を書くか迷われることもありますが、文面が思いつかない場合には招待状の会社に任せてしまっても大丈夫です。一番気を付けなければいけないのは、住所や宛名の書き間違いです。折角の招待状ですので、参列してくださる相手に失礼のないように、そこだけはしっかりと確認いたしましょう。

詳しくはこちら

結婚式のゲストカード・ゲストブックとは?作り方やマナーについて

芳名帳

ゲストブックやゲストカードは、結婚式の受付をスムーズにするという役割が本来ございます。参列者に書いていただくゲストブックは芳名帳の代わりになるもので、出席者に対して名前と住所を記載して貰うようにいたしましょう。ゲストカードも同様に出席者についての情報を得る手段となります。ゲストブックやゲストカードは手作りをしたり、参列者一人一人に、お祝いの一言や心のこもったメッセージを書いてもらうことで、後で見返したときの良い思い出になります。

詳しくはこちら

結婚式の上手な写真の取り方

写真家

結婚式で上手に写真を撮るには、事前に式の進行を把握して、良いシーンが撮れる瞬間をチェックしておくことが大切です。プロのカメラマンにお任せする場合は、結婚式でのショットチャンスを熟知しているので、そこまで心配する必要はありません。しかし、素人が撮影する場合は、きちんと段取りをして、いつどのタイミングで写真を撮って欲しいのかなどを事前に伝えておくことで、素敵な写真を残すことができます。カメラの腕に自信がない場合は、カメラの性能に頼ったり、撮影後に写真編集ソフトを使ったりすることも重要です。

詳しくはこちら

結婚式の乾杯挨拶の文例集

乾杯の挨拶

結婚式の挨拶を依頼された場合、話す内容はあらかじめ考えておくようにしましょう。乾杯の挨拶は、新郎新婦のどちらにも関係がある人や、近しい親族の方から選ばれることが多いようです。スピーチの際にはまず、出だしの挨拶で招待客の興味を引くような話をすることがポイントです。出だしが面白いと、その後の話でも盛り上げることができます。その後は、二人のエピソードを織り込みながらスピーチを続けることで印象に残る挨拶になります。

詳しくはこちら

結婚式の祝電の送り方は?文例やマナーについて

電報

結婚式に祝電を送る場合には、式の前日に結婚式や披露宴会場に届くように申し込みます。電報の文面にも注意が必要です。言葉には「忌み言葉」というものがあるので、別れや再婚を連想させる言葉は必ず避けなければいけません。他にも注意する点の一つとして、結婚式の日時や会場名、住所、宛名となる新郎新婦の名前は間違えないようにすることが重要です。これらを間違えてしまうと、相手にも失礼になりますし、自分の想いを正確に伝えることができなくなります。

詳しくはこちら

少人数結婚式のメリットって?

少人数結婚式

結婚式は盛大に行うだけではありません。少人数で行う結婚式というのも、味があって良いものです。結婚式を挙げることを考えられているのは、たくさんの人に祝われたいという方ばかりではありません。家族や親せき、親しい友人など大体20名ぐらいの人数で結婚式を挙げるカップルは増えています。それに、結婚式には費用が掛かりすぎると考えている方もいますので、そういった方にも少人数結婚式はおススメです。結婚は一生に一度の思い出になりますので、費用面などで挙式を足踏みしている方は、こういった少人数プランなどを念頭に式場探しをしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

結婚費用の分担と支払はどうする?

結婚式のお金

結婚式の費用を新郎新婦どちらが分担するかなどについては、あとあと揉め事が起こらないように、予め決めておくとよいでしょう。費用負担の線引きとしては、ゲストの数などで判断することもあります。また、新婦の方がドレスにお金が掛かるという理由で、多めに負担する場合もあるのです。折角の結婚式ですので、お金でトラブルを引き起こさないように、きちんと話し合って決めましょう。結婚費用の支払い方法についても、事前に全額払うパターンと当日支払うパターンと様々ですので、いざ支払の際に慌てないように式場に問い合わせておきましょう。

詳しくはこちら

結婚式参列時の服装・ドレスのマナーについて

カラードレス

結婚式に参列する時には、着ていく衣装に注意しましょう。基本的に単色で落ち着いた色のドレスが好ましいです。ワンポイントでコサージュを付けることなどもありますが、柄のあるドレスは避けるようにしましょう。絶対に着て行ってはいけないのは、「白」のドレスです。白いドレスは花嫁のためのドレスですので、ゲストの方が着用していってはいけません。また、露出が多いドレスもマナー違反になるので、着ていかない方がよいでしょう。履物についてはサンダルやミュールを履いていってはいけません。折角御呼ばれした結婚式なので、最低限のマナーは守ってくださいね。

詳しくはこちら

結婚式を行う意味って?

結婚式の意味

最近は、結婚しても挙式しないカップルが増えています。そこで結婚式を挙げるメリットについて3つほど紹介いたします。一つ目は、結婚式を挙げることで、自分が主役になれる場所を作れるということです。人生の一ページを飾る行事として、結婚式は欠かせないものです。二つ目は、夫婦で初めて行う共同作業として結婚式が記憶に残るということです。一生の思い出になる結婚式ですので、二人で協力し合って作り上げることができれば、夫婦の仲も深まるでしょう。三つめは両親への感謝の気持ちを伝える場として、結婚式があるということです。なかなか両親に対して、心の底から感謝を伝える機会というのはありません。その場を設けるためにも結婚式はうってつけです。

詳しくはこちら

結婚式をしたくない、面倒くさい・・・その理由と解決策は?

結婚式を挙げたくない

結婚式を挙げたくないと考える人には、それぞれ理由があります。例えばお金の問題だったり、目立つのが嫌だったり、準備が大変という意見もあります。しかし、それは結婚式の挙げ方で変えられるんです。お金がないという意見については、意外とご祝儀などで賄える部分もあり、今では挙式だけで39,800円のプランなども出てきているので、そこまで負担にはならないはずです。目立つのが嫌な人は大人数での結婚式を意識せずに、少人数での結婚式を選択することもできます。今は、自分のサイズに合わせて結婚式を選べる時代ですので、結婚式をしたくないと考える人は是非ご一読ください。

詳しくはこちら

結婚式のご祝儀袋の書き方や選び方

ご祝儀袋

結婚式で重要になるご祝儀袋にも、いろいろなマナーがあります。基本的には結婚式用に市販されているものを選べば、特に問題は起きないのですが、上包みの裏側などは一度ほどいてしまうと忘れてしまうこともあるので注意してください。ご祝儀には宛名や金額を書く欄もございまして、それを書く際には毛筆、または筆ペンを利用するのがマナーです。また、ご祝儀に包むお金についても、自身の年齢や相手との関係によって大きく変わってきますので、しっかりと覚えて対応をするようにしましょう。

詳しくはこちら

結婚式のお呼ばれマナーのポイント

招待状

結婚式に呼ばれたときには、まず初めに出欠の連絡をしなければいけません。この連絡はなるべく早く行いましょう。新郎新婦も披露宴などの準備があるので、早めに人数を確定させたいはずです。もし、その日の予定が読めない場合は予めその旨を伝えておくと、準備する方も助かります。また、式に参列することが決まった際には、ご祝儀のことも考えていかなければなりません。ご祝儀には相場がありますので、予め自分の年齢に合った相場を想定し、マナーに則ったご祝儀袋で式に参列するようにしてください。

詳しくはこちら

結婚式が終わった後にするべき事は?

結婚挨拶

結婚式が終わった後にも、二人にはやるべきことがたくさんあります。結婚式当日には二次会などが組まれる可能性が高く、二人はゲストとして扱われます。二次会の幹事にはきちんとした形で礼を尽くさなければいけません。まずは、参列してくれた方へお礼の連絡を入れることが重要です。他にもレンタル用品の返却などをしっかりと行わなければいけません。新婚旅行などが控えている方は、新婚旅行に行く前にいろいろなことを済ませておきましょう。

詳しくはこちら

結婚式における女性ゲストの靴選び

結婚式の靴

結婚式における靴選びは結構大変ですが、マナーをしっかり抑えて失礼のないように心掛けなければいけません。特にミュールやサンダルといった靴には注意が必要です。つま先やかかとが見える靴は極力避けましょう。おススメの靴は落ち着いた色のパンプスです。色には特に制限はありませんが、服装に合ったものを選びましょう。他にも気を付けるべきことにはストッキングの色などがあります。

詳しくはこちら

結婚式に参列する際のバッグの選び方

結婚式のバッグ

結婚式の持ち物としてバッグは必需品です。このバッグにもマナーが存在するのでしっかりと覚えておいてください。男性はクロークに荷物を預けるため、そこまで気を遣うことはありませんが、女性は持ち歩くことが多いので、正しいものを選んでください。ブランドのバッグを持つのもよいですが、あまり派手すぎるものを選ぶと浮いてしまうので注意してください。

詳しくはこちら

結婚式は平日がおすすめ!超お得な3つのメリットとは?

友人との結婚式

最近では、平日に結婚式を挙げるカップルが急増しています。それには三つの理由がありまして、一つは平日限定のお得な料金プランがあることです。もう一つは、土、日、祝日に結婚式を挙げられないカップルにも対応していること。最後に式場によっては直前予約ができることです。時間的な余裕もできるので、平日ウエディングも検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

結婚の費用!負担の割合はどっちが多い?

ドレス

結婚式を挙げるためには、結構な費用がかかります。そして基本的に全額を前日までに納めなければいけないという制約がある場合もございます。そんな費用ですが、ご夫婦で全てを準備できるなら、そこまで大きな揉め事にはならないのですが、親御さんからの援助がある場合、少しだけトラブルになることもあるのです。そうならないためにも、予め配分を決めておくとよいでしょう。

詳しくはこちら

新婚さん必見!新婚生活の準備に必要な3つのものは?

新婚準備

新婚生活を始めるにあたって必要なものはいろいろございます。昔のように家具一式を新しく準備するようなことはなくなりましたが、それでも生活に必要なものは揃えていかなければいけません。家具やインテリアを選ぶ必要も出てきますし、二人で暮らすために必要な生活費の計算もしなければいけません。また老後への備えや今後の住宅を購入するための貯金も計画を立てて行わなければいけませんよね。ここでは、最低限準備していた方が良いものを3つ紹介いたします。

詳しくはこちら

結婚式の招待はどうする?迷わないゲストの選び方とは?

ゲスト

結婚式で誰を呼ぶかは、とても迷いますし悩む部分だと思います。親兄弟はもちろん会社の人や、友人など。一体何名に声を掛けるのかについては新郎と新婦で相談しながら進めていかなければなりません。
また主賓に関しても誰を主賓とするのかについても、しっかりと話し合いながら決めましょう。
ここでは、迷わないゲストの選び方について説明をいたします。

詳しくはこちら

後悔しない!結婚する前に話し合う4つの事とは?

結婚準備

スムーズに結婚式を挙げるためには、事前の打ち合わせや取り決めをしっかりするのがとても重要です。結婚式は一生に一度の大イベントですが、やはり揉め事が起こることもあるんです。
みんな笑顔で素敵な結婚式にするためにも、事前の準備をしっかりとして、式に臨めるように準備いたしましょう。
ここでは、「お金の管理」「親、親族のこと」「仕事のこと」「子供の教育方針について」の4つポイントを説明いたします。

詳しくはこちら

結婚式にかかる時間はどのくらい?

時計

結婚式は準備を含めると一日がかりで行うものですが、式に掛かる時間は一体どのくらいなのでしょうか。
キリスト教式・神前式・人前式によってかかる時間は変わってきますが、挙式から披露宴までで大体3時間から3時間半ぐらいが掛かる時間の目安となっています。
二次会などを行う場合は、さらに時間がかかりますので、移動時間なども見据えて余裕を持った行動を心がけてください。

詳しくはこちら

結婚式の流れとは?一般的な展開を紹介!

チャペル結婚式

結婚式を行うにあたって、挙式や披露宴でのプログラムを予め確認しておくことは大切なことです。
また、チャペルで上げる挙式と、神前式、人前式とでは、進行の内容も変わってきます。
自分に合ったスタイルでの結婚式を挙げるために、各結婚式についての流れをご紹介いたします!

詳しくはこちら

プロポーズから結婚までの流れ!期間はどれくらい?

結婚指輪

プロポーズを受けてから結婚に至るまで、いろいろな人に報告したり、結婚式場を選んだりと準備することはたくさんあります。
ここでは結婚式までの進行を滞りなく行うために、知っておきたい知識を集めてみました。 結婚式はお二人が主人公になれる場所ですから、準備はしっかりと行ってくださいね!

詳しくはこちら

結婚報告はいつする?相手別でタイミングやマナーを紹介!

結婚のしきたり

結婚が決まったら、周りの人に伝えなければいけませんよね。
しかし、その伝え方にもマナーが存在するんです! ご両親に伝える場合、また会社の上司や同僚に伝える場合、友達に伝える場合、いろいろなシチュエーションが考えられます。
きちんとマナーに則って報告すれば、皆から祝福される結婚式を迎えることができますよ!

詳しくはこちら

いま人気の結婚式の演出とは?アイデアを紹介!

ウエディングケーキ

いい結婚式にするためには演出がとても重要です。ゲストの方に満足してもらえるための演出をご紹介いたします。
例えばウェディングボードに一工夫をしてみたり、ゲストの方全員で楽しめる催しを行ってみたり、さりげない演出がその場の雰囲気を明るくしてくれるのです。
演出に大事なことはテーマをきちんと決めること!ご自身がどんな結婚式にしたいか、その想いを表現することが大事なんです!

詳しくはこちら