結婚内祝いのマナーやおすすめの品

結婚祝いにはお返しとして内祝いを

結婚式などでお祝いを頂いた場合、結婚内祝いとしてお返しを行います。結婚式や披露宴などに出席していない人を対象とするもので、お礼の意味を込めて品物を送るものです。昨今では結婚式や披露宴を行わず、入籍のみや食事会で済ませる例も増えてきました。こういった場合であっても、お祝いを貰った際には感謝をこめて結婚内祝いのお返しをするのがマナーです。

内祝いには相場があります

結婚内祝いには一定の相場があり、基本的には頂いたお祝いの半分程度となっています。半分、もしくは三分の一程度の金額をめどにして、品物を選ぶと良いでしょう。金額が高くなってはいけないということではなく、お返しにしたい物が決まっている場合や、こだわりがある場合には、そちらを優先します。いずれの場合もお祝いに対するお返しの気持ちが大切で、お返しとしてはできる限り相手方が喜んでくれるものを選びます。

結婚内祝い

内祝いには食べ物などがおススメ

結婚内祝いとして一般的なのは、お菓子やお茶のセット、美味しい食べ物などです。大きな物や嵩張る物、奇をてらいすぎた品物は迷惑となる可能性もあるため避けましょう。相手が好きなものを自分で選ぶことができるカタログギフトや、自分ではなかなか購入しない食品などが無難です。相手にも好みがあることを忘れずに、喜んで頂けるものを選ぶことがお返しの基本となります。自分たち夫婦の名前を入れた食器や花瓶、置物などは、自分は作って満足したとしても、相手が喜ぶとは限りません。名前入りの品物は使いにくいということもあり、できれば避けたい品物です。

お返しとして結婚内祝いを送る際にはあまり遅くならないことが大切です。すでにお祝いを頂いていることを忘れずに、式や披露宴から1ヶ月程度でお返しします。また、相手側から結婚祝いを貰った際には、まずはすぐに電話で御礼を伝えます。たくさんの人から複数のお祝いを頂く可能性もあるため、誰に結婚内祝いを贈るのか、あらかじめリストを作成して漏れがないように注意します。

内祝いはありがとうの気持ちを伝えるお祝いですので、近しい人からお祝いをいただいた時にもしっかりと返すようにいたしましょう。
サンアクアでは家族だけでの結婚式や仲のいい友達だけを集めた少人数での結婚式に対応したプランを用意しております。詳しくはこちらをチェックしてみてください。
家族で楽しめる挙式プラン
家族の結婚式
友達など知っている人だけを集めた挙式プラン
少人数結婚式

人気キャンペーンランキング