結婚式の祝電の送り方は?文例やマナーについて

結婚式当日に出席できない場合は祝電を

結婚式の祝電は、一般的に結婚式や披露宴に招待されたものの、当日出席ができない事情がある場合や、職場に関係する人に向けてお祝いのメッセージを贈ることなどに利用されています。

祝電は式場にとどけましょう

祝電の送り方は、祝電サービスを提供しているところにもよりますが、結婚式や披露宴の会場となる場所に届けることになるものですから、できる限り結婚式の前日に配達されるように申し込みを行うのがいいでしょう。祝電サービスを提供しているところでは、1ヶ月前から申し込みを受け付けていたりしますので、早めに手配をしておきたいものです。

電報

祝電に書いてはいけないこともあります

申し込みの際には、結婚式の日時、会場名や住所などを伝えることになり、宛名となる新郎新婦の名前は特に間違えないようにしましょう。また、祝電には別れや再婚などを連想させる言葉は、避けることが大事になります。これは、マナーのひとつになりますから注意しましょう。

例えば、終わるや切れる、離れるや別れる、たびたびや再びなどの言葉は、祝電には相応しくないとされていますから、使わないでおきましょう。電報の文例としましては、結婚を祝福する「ご結婚おめでとうございます。」や、「末永くお幸せに。」、「お二人の未来が素晴らしいものでありますように。」などの文章に加えて、友人の場合には具体的な感情を表現するような言葉を選ばれるのもいいでしょう。祝電サービスを提供しているところのホームページには、いくつかの文例が掲載されていますから、こちらを参考にされ引用されてはいかがでしょう。

電報にもいろいろな種類があります

そして、現在ではキャラクターがついた電報や、縁起の良い鶴や富士が描かれている電報もあります。ブリザーブドフラワーが用いられているものもありますから、より心のこもった祝福ができるでしょう。結婚式の祝電は、日時や会場名、宛名などを正確に伝えて前日に配達されるように手配をし、忌み言葉といわれる別れや再婚を連想させるメッセージは避けて、心をこめて祝福のメッセージを贈りましょう。

相手の結婚式の様式に関わらず、祝電を送ることは可能です。例えば、知人が家族だけでの結婚式を挙げることが決まっており、参列する予定がなかったとしても、電報を送ってお祝いすることはできますので、お祝いの手段の一つとして検討してみてください。
⇒ 家族の結婚式はこちら
⇒ 少人数結婚式はこちら

人気キャンペーンランキング