結婚式に参列する際のバッグの選び方

結婚式に持参するバッグにもマナーがあります

友人や同僚の結婚式にお呼ばれしたときの服装にマナーがあるのは有名ですが、
じつはバッグにもそれなりに気を付けるべきことがあるのを知っていますか?
新郎新婦を祝う舞台である式場の雰囲気にあったもので、祝福のムードを壊さないもの…。
とはいっても、具体的にはどんなものを選べばよいのでしょうか。

結婚式用バッグ

大きな荷物はクロークへ預けましょう

まず、結婚式に持っていく持ち物は財布やスマートフォン、デジタルカメラ、
女性であれば化粧品、絶対忘れてはならないご祝儀などが挙げられますが、
全てを一つのバッグに入るような大きなものは使いません。
必需品は、小ぶりなパーティーバッグに入れて、
大きな荷物はまとめてクロークに預けておきましょう。

持参するバッグの素材に気を付けてください

男女共通して避けるべきバッグは、明らかに安い素材のものとわかるもの。
例えば、ビニールや布地、紙袋などは式の雰囲気に合いません。
よく女性がしてしまいがちなのは、高級ブランドの紙袋など。
高価な品物が入っていた紙袋ですが、バッグではありませんので気を付けましょう。

結婚式には持ち運びがしやすいものを

結婚式に適したバッグは、女性の場合、小ぶりなパーティバッグを持ちます。
華やかな装飾が施されているものを選びましょう。
スパンコールやスワロフスキーの輝きは会場の彩りに花を添えてくれます。
素材は革やシルク、サテンなど高級感があるものを選びます。
当日のドレスと揃えると統一感が出るのでおすすめです。
色選びのポイントは、ドレスと同じ色を揃えてしまうと一体化してしまうため、
靴やショールといった小物と合わせることでバランスよく、おしゃれになります。
また、式場では料理がビュッフェ形式である場合やフラワーシャワーを振らせる場合など、
両手を空けたい場面もあるので肩や腕などにかけられるショルダータイプを選ぶと便利です。

男性の場合はバッグをクロークへ

男性の場合は、持ち物を入れたバッグを
クロークに預けてしまうことが一般的になっており、あまり持ち歩くことはありません。
礼服はポケットが多く、貴重品を入れてもかさばらないため
女性と比べて持ち物が少ない男性は手ぶらでいることが可能なのです。
そのため、結婚式用に新たに用意する必要は無く、普段使っているビジネス鞄で会場に訪れ、
クロークに預けてしまっても問題ありません。
ご祝儀は受付で渡してしまうためすぐに手元を離れ、
財布やスマートフォンは内ポケットに入れておきます。
スマートフォンではなく本格的な一眼レフカメラで写真撮影を行うときは、カメラを首から提げておきましょう。
そうすることで、新郎新婦もカメラの存在に気付いて視線を送ったりポーズを取ってくれます。

仲のいい友人の結婚式だからといっても、親族の方もいらっしゃるので
持ち物に気を抜くことはできませんね。
サンアクアのプランの中には少人数制の結婚式や家族のみで楽しむ結婚式もございます。
詳しくはこちらのプラン詳細を確認してみてください。
⇒ 家族の結婚式プラン
⇒ 少人数結婚式プラン

人気キャンペーンランキング