結婚式における女性ゲストの靴選び

結婚式の靴選びは慎重に

女性が結婚式に招待されたとき悩みのタネになりやすい当日の服装。
男性の場合はスーツか礼服と相場が決まっていますが、
女性の場合はパーティードレスを選ぶにしても
形や色を決めなければならず、意外と時間が掛かるものです。
そして、ドレスと同様に選ぶことが難しいのが靴です。
様々な種類があるなかから、結婚式にふさわしいものを選ぶ必要があります。

結婚式の靴

サンダルやミュールはNG

式に参列するにあたり、避けた方が良いとされる種類があります。
それがサンダルやミュール、そしてロングブーツです。
ドレスにブーツを合わせる人はあまりいないですが、
サンダルやミュールは違和感がなく、着用しやすいので履いてしまうことがあります。
しかし、結婚式においてはマナー違反だとされているのです。
というのも、つま先とかかとは見せるべきではないと考えられているのが理由です。
結婚式はフォーマルな場であり、
女性は華やかさを見せつつも露出を抑えた衣装が求められているのです。
特につま先やかかとは隠すべき部位で、
新郎新婦や親族の気分を悪くさせてしまう可能性もあるため
サンダルやミュールは避けたほうが無難です。

NGの靴

パンプスがおススメ

マナーに違反せずフォーマルさを出せる靴としてピッタリなのはパンプスです。
露出が少ないことだけでなく、フォーマルな場にふさわしいことが周知されているため最適なのです。
パンプスにも様々な種類がありますが、
まずヒールがないフラットタイプは避けておきましょう。
ヒールがないとカジュアルさが全面出でてしまうので、
少しでもヒールのある華やかなタイプを選びます。
一方で、ヒールがあったとしても太すぎるタイプはカジュアル寄りです。
ある程度のヒールがあり、細いタイプを選ぶようにしましょう。
また、素材にも気を遣うことが大切で、最も適している素材はエナメルです。
高級感と気品があり、周囲からも浮かない素材だと言えます。
逆に、革製のパンプスはマナー違反になります。
革は動物由来であることが多く、お祝いの場にはふさわしくないのです。

色選びも大事なポイント

さらに、色選びも大切なポイント。
基本的にNGとなる色はありませんが、ドレスの色やパーティーバッグ、
ストールなどの小物の色に合わせて選びましょう。
ドレスがネイビーや黒に近い落ち着いた色であれば明るいパンプスを履き、
ピンクなどの華やかな色であればパンプスも同系色でキレイにまとめられます。

ストッキングにも注意をしましょう

また、靴選びに気を取られてしまいがちですが、ストッキングも忘れてはいけません。
フォーマルな場ではストッキングが必須で、色はベージュ系。
黒やその他のカラーストッキングは結婚式の雰囲気には合わないのです。

靴に選びひとつにしても、気を付けたいポイントがたくさんありますが、
マナーを守っている分安心です。
サンアクアでは家族だけの結婚式や少人数の結婚式を実施しています。
マナーについては家族だけの結婚式であっても、守っていかなければいけません。
サンアクアのプランについてはこちらをご覧ください。
⇒ 家族の結婚式プラン
⇒ 少人数結婚式プラン

人気キャンペーンランキング