結婚式をしたくない、面倒くさい・・・その理由と解決策は?

結婚式を挙げない理由とは

ご婚約おめでとうございます!結婚が決まったら、入籍や新居の準備、結婚式、新婚旅行など、考えることがたくさん。中でも結婚式するかどうかは、誰もが検討することです。結婚式をしないカップルは「ナシ婚層」ともいわれますが、どんな理由で結婚式を行っていないのでしょうか?また、その悩みは解決できるのでしょうか。代表的な3つの理由と、その解決策に迫ります。

お金が掛かる

まずダントツの理由となっているのが「お金がかかるから」。素敵なウェディングドレスを着てゲストを招待して・・女性なら小さい頃から花嫁になることを憧れていた方もいると思いますが、現実問題、多額の費用が必要ということがネックになっているようです。

目立つのが苦手

そして次に問題となっているのは「目立つのが苦手・嫌だから」。二人のために集まるので、注目の的になるのは当然なのですが、人それぞれ感じ方は違います。注目の的になるのが苦痛と感じれば、結婚式をしたくない理由のひとつになっているようです。

準備が大変

他には「準備が大変」。結婚式は招待状を出したり、打ち合わせに通ったりと、ふたりのこだわりを注力していくもの。仕事が忙しい方や、結婚式の準備にかかる時間やエネルギーを費やすことに抵抗がある方も結婚式をしたくないと思っているようです。(ぐるなび・ウェディングトレンドデータ参照)

結婚式を挙げたくない

結婚式を挙げない理由には誤解も含まれています

このように代表的なものを上げましたが、実は、意外とそうでもない事実があったのです。

お金はそこまで掛からない

まず、「お金がかかるから」。結婚式に多額のお金が掛かることは事実です。でも実は、このお金を全て新郎新婦が負担するわけではないのをご存じでしょうか。披露宴であれば、当日出席するゲストからご祝儀をいただくことで、新郎新婦の負担は最小限に収まります。当日払いや後払いができる会場を選び、自分たちの予算を伝えれば、案外できるものです。式だけなら、5万円以内で挙式が挙げられるところもあります。

目立った披露宴を行う必要はない

「目立つのが苦手・嫌だから」。目立つのは嫌だけど、結婚式には興味があるなら、家族だけで食事会をしたり、ふたりで式を挙げれば特別目立つことはありません。小規模で行う結婚式だからこそ、親御様への感謝が伝えられたり、結婚することの意義を改めて感じられるメリットも。

結婚式の様式によっては準備もそこまで大変じゃない

「準備が大変」。こちらも、少人数での食事会や結婚式だけなら少ない回数で実施できます。結婚式場に、通える回数の希望を伝えてみましょう。打ち合わせや衣装合わせを希望の回数にまとめてくれる場合があります。

悩み事がつきものの結婚式ですが、もともと結婚式をしない予定だったカップルが実際に結婚式すると85%の方が「挙げてよかった」とのデータも。(ぐるなび・ウェディングトレンドデータ参照)挙げればよかったと、後で感じたときに挙げるのは、タイミング的に難しいものがあります。悩みは相談すれば解決できることもありますので、お近くの結婚式場に問合せしてみましょう。あなたに合ったスタイルや、プランが見つかるかもしれません。

人気キャンペーンランキング