結婚式参列時の服装・ドレスのマナーについて

結婚式ではドレスコードにもマナーがあります

結婚式にお呼ばれしたのは嬉しいのだけど、いまいちマナーがよくわからないという人は実は多いのではないでしょうか。

白い服で参加してはいけません

今も昔も最もタブーとされるのは「白」の服で参加することです。白は言わずと知れた花嫁の色です。ウェディングドレスとはデザインが違うから白でもいいかな、と思う人もいるかもしれませんが、どのようなデザインであっても結婚式に白い服装で参加するのは絶対に避けましょう。また、薄いクリーム色や淡いピンクなど、光の当たり方によって白に見えてしまう色も避けておいた方が無難です。これらの色は写真では特に白く写ることが多いため、後々まで残ってしまいます。

また、ゲストは結婚式でも披露宴でもほとんどの時間を着席して過ごすことになりますので、ボレロやストールなど羽織るものの色にも注意しましょう。

ドレスは無地の単色を選びましょう

また、タブーな色は白だけではありません。近年ではこういった考え方が薄れている部分もありますが、格式の高いドレスは無地の単色といわれています。柄物のドレスや何色も配置されているようなデザインは正式な場ではNGとなります。特に2色使いのドレスは色を「分ける」の概念から、「別れる」を連想させるものとして結婚式ではふさわしくないものとされます。同じ理由でセパレートのスーツも好まれません。スーツで参加したい場合は、ワンピースとボレロといった組み合わせのデザインが無難でしょう。

そして、年齢の若い友人がよくしてしまうのが、露出の高いドレス。夜の披露宴の場合にはイブニングドレスとして肩や背中が露出しているデザインはマナー違反ではありませんが、脚を出すのはNGといわれています。

ミニ丈で上半身も露出の大きいドレスなどは、結婚式にはふさわしくありませんのでやめておきましょう。生脚も避けるようにし、必ずストッキングは着用するようにしましょう。

カラードレス

足元にも気を付けて

また、足先の出るサンダルやミュールもNG。つま先まで覆われているパンプスが理想的ですが、昨今ではつま先が覆われているサンダルやミュールならばOKという風習もできつつあります。

冬場はタイツで参加する人もいますが、これもNGで、冬場でも肌色のストッキング着用しなければなりません。また、季節を問わず、黒いストッキングは不祝儀を連想させるということで好まれません。

近年はマナー違反とそうでないラインが曖昧になっており、ドレスショップでミニのドレスやミュールを店員さんに勧められることがありますが、披露宴のゲストは年齢層は広く、格式に厳しい人がいる可能性が高いもの。気を付けるべきことがかなり多くて少し窮屈ですが、これもみんなが気持ちよく新郎新婦をお祝いする環境づくりのためのもの。できる限りきっちりと服装のマナーを心がけましょう。

気がねない結婚式を挙げたい人は

結婚式のマナーにはいろいろとございますが、気がねない仲間と結婚式を挙げたいという方におすすめなのが少人数での結婚式や家族での結婚式です。サンアクアでは自分サイズの結婚式プランを幾つも用意していますので、気になる方はお問い合わせください。 ⇒ 家族の結婚式はこちら
⇒ 少人数結婚式はこちら

人気キャンペーンランキング