結婚式のゲストカード・ゲストブックとは?作り方やマナーについて

ゲストカードやゲストブックは思い出に残ります

思い出に残る結婚式をしたいと考えているカップルなら、自分達の思い出として手作りアイテムを用意したいと考えることもあります。そこで手軽に用意できるのがゲストカードやゲストブック。直接ゲストの手に渡るものなので、マナーや作り方についてご紹介します。

ゲストカードやブックの役割を理解しましょう

まずゲストブックやカードを作るうえで理解したいのは、その役割。ゲストブックやゲストカードは、結婚式の際に受付をスムーズにするために用いるアイテムで、出席者はこのアイテムに名前と住所を記載したうえで結婚式の当日に受付に手渡すことになります。つまり結婚式でよく見かける芳名帳の代わりです。

芳名帳

ゲストカードは事前に渡しておきましょう

ゲストカードに関しては事前に招待状に同封しておき、当日に持参してもらいますが、この習慣に馴染みがない世代や、知らない人もいます。そのような人達がゲストカードを忘れてくるケースも想定されるため、結婚式当日に持参してほしいとメッセージを書いておくとより安心です。念のために当日は、受付に予備のアイテムと何種類かの筆記用具を置いておくと、忘れてきた方にもスムーズ対応できます。

ゲストブックは芳名帳の代わりになります

またゲストブックに関しては、芳名帳のかわりなので、名前や住所を書いてもらうことになります。そのため手作りする時には、名前や住所を書く邪魔にならないようなデザイン作りがポイントです。イラストを載せる時は中央に大きく使用するのではなく、名前や住所が書きやすいよう、隅に載せるのがちょうどいいでしょう。イラストを描くのが苦手な場合は、スタンプなど別のアイテムを使ってデザインするのも素敵です。

ゲストブックには基本的に名前と住所に加えて、結婚式のお祝いを書いてもらいます。あとで見返したときに、とてもいい思い出になります。友人がお祝いの一言を書いてくれたりすることもあるので、受付で記入するのに時間がかかる場合があります。なので、一枚一枚がばらけるタイプで、同時にどんどん記入していけるタイプが、便利でスムーズです。

親しい人だけの結婚式を挙げる場合でも、ゲストカードは重要です。家族や親族、近しい人の住所や名前を記述していただくことで、お礼やお返しをしやすくなります。
⇒ 家族の結婚式はこちら
⇒ 少人数結婚式はこちら

人気キャンペーンランキング