結婚式のご祝儀袋の書き方や選び方

ご祝儀のマナーについて知りましょう

ご祝儀の準備をする際に、あまりマナーがわからずなんとなく見様見真似で行っている人は多いのではないでしょうか。結婚式のご祝儀には様々なマナーが存在します。ちょっとしたポイントを押さえておくだけなので、ぜひチェックしてみましょう。

水引には意味があります

まず、気をつけなければいけないのが、ご祝儀袋の水引。お祝いなので紅白のものならば何でも良いかというとそんなことは無く、必ず「結び切り」の形を選びます。これは、一度結んだらほどけない形ということで、結婚式に使われます。

同じくお祝いに使用されるものとして「蝶結び」の水引がありますが、こちらは結婚式には使用しません。ほどいて何度も結び直せることから、引越しのご挨拶や出産祝いなど何度あっても良い事柄に使用されるという違いがあるので注意しましょう。

また、結び切りの水引がついた袋でもシンプルなものから豪華なものまで様々な種類がありますが、中に入れる金額に見合った袋を選ぶことも大切です。一説では包む金額の1/100程度の価格のものが適当といわれるようですが、水引が印刷されているだけのシンプルなものは1万円以内、標準的な大きさが3~10万円未満、大振りで豪華なものは10万円以上が見合っています。

結婚式では新札を準備

そして、結婚式の場合、お金は必ず新札を準備します。銀行で新札に替えてもらうのが最も確実ですが、どうしても時間が取れなかった場合は当日式場で替えてもらえることもありますので事前に確認しておくことをおすすめします。

ご祝儀袋

毛筆で名前を書きましょう

新札が準備できたら、袋の表書きと内袋に金額と住所を記入しますが、これらは毛筆が基本です。筆ペンでもOK。ただし、ボールペンや万年筆は避けます。

表書きは名目の下に氏名(フルネーム)を縦書きで記入します。

内袋は特に記入欄が設けられていなければ、表に金額を旧字体で、裏に住所を記入します。

旧字体は「一・二・三・五」が「壱・弐・参・伍」で、三万円を包んだのなら「金参萬圓也」と記入します。

金額については、基本的には「別れる」につながらないよう割り切れない数として奇数を包みますが、まだ若い友人関係の場合は一万円札と五千円札2枚で二万円というような包み方をすることもあります。

お金を包む際には、肖像のある表側を上にして、お札の向きを全て合わせて内袋に入れるようにします。

上包みの裏側にも注意

そして注意しなければいけないのが、上包みの裏側です。

「喜びがこぼれ落ちないように」「幸せを貰い受ける」という意味を込めて、上向きに折られている方を外側にして水引をかけるようにして渡します。

ご祝儀袋にもいろいろな種類があり、渡す人によってもデザインなどを変更したり包む額を変えたりと覚えることがたくさんあります。
親しい人たちだけで集まった結婚式であっても、ご祝儀袋のマナーは守れるようにいたしましょう。
サンアクアでは家族のための結婚式プランや少人数で上げられる結婚式プランを準備していますので、是非ご活用ください。
⇒ 家族の結婚式プラン
⇒ 少人数結婚式プラン

人気キャンペーンランキング