結婚式の招待状の書き方やマナーについて

招待状はしっかりと作成しましょう

結婚式に親しい人や仕事関係の人たちに参列してほしいというときに、招待状を作成することから始めます。招待状には決まった書式というものがあり、気兼ねなく話せる友人であるならば、ある程度はオリジナリティあふれた形式にしてもよいのですが、恩師や上司、親せきの長老格など目上の方に対してはマナーを守り、決まり通りに書いたほうが良いです。では、いくつか注意するべき点についてみていきましょう。

宛名は毛筆か筆ペンで

宛名の書き方ですが、毛筆や筆ペンを用います。縦書きか横書きかは、封筒の中に入れている招待状の書き方に合わせましょう。

夫婦での参列を望む場合には2人の名前を

夫婦で参列してほしい場合には、二人の名前を並べて書くことになりますが、例えば上司の奥さんとは会ったことがないというのであれば、「御奥様」や「令夫人」といった表記にしておきます。会社の付き合いで取引先の相手を招待するというのであれば、相手の会社名と招待する人の肩書も忘れないようにしましょう。送るタイミングとしては、2か月くらい前にしておくのが一般的です。

結婚式の招待状

文面は任せてしまってもOK

招待状の文面については、扱っている会社に発注すればよいので、文面を自分で考える必要はほとんどありません。打ち合わせをしてどの文面タイプにするか、どのデザインを選ぶかなどの打ち合わせをします。この打ち合わせが長引くと、発送準備できる時間がどんどん短くなるので、スケジュールをしっかり把握しておきましょう。

住所や名前の確認は忘れずに

招待状を送る前に注意したいポイントとしては、間違いのない住所と名前の確認です。また、事前に結婚式に出席できるかどうか確認や、目上の方に対しては手渡しが基本になります。その際には丁寧な挨拶を口頭で伝えましょう。なお、手渡しの時には宛名は書いても住所は必要ありません。遠方に住んでいて、直接渡せない場合は電話でご挨拶をします。

少し面倒ですが、相手に失礼がないよう気を付けることは、安心して招待できることでもありますので、ちょっとしたポイントを守って書きましょう。

気がねない結婚式を楽しみたい人は

たくさんの人を呼ぶ盛大な結婚式もよいですが、気の合う友達だけを集めた少人数結婚式やや家族だけで行う家族結婚式なども最近はスタンダードになってきています。サンアクアでもいろいろな挙式プランを実施していますので、こちらをご確認ください。
⇒ 家族の結婚式はこちら
⇒ 少人数結婚式はこちら

人気キャンペーンランキング