結婚式を行う意味って?

結婚式にはきちんとした意味があります

最近、結婚をするにあたり籍を入れるだけで、挙式を行わないカップルが増えてきています。調査によると、約半数のカップルが挙式と披露宴を行っていないそうです。その理由として資金的な問題や時間的な問題が多いですが、なかには式を行う意味が分からないという理由も…。結婚するにあたって挙式を行うかどうかは自由なのですが、実は結婚式にはしっかりとした意味があるのです。

結婚式の主役はあなた自身

まず、「自分が主役の舞台」を経験できること。多くの人にとって、自分自身が主役となる場面が訪れることは滅多にありませんよね。そのシーンが、幸せにあふれ、周囲の人々から祝福されるものであればなおさらです。結婚という人生の新しいスタートを大切な人たちにお祝いしてもらえる、そんな経験ができるのが結婚式なのです。別々の場所で生まれ、別々に育ってきた二人が出会い、結婚まで至ることはまさに運命そのもの!二人の幸せな姿を親兄弟や親戚、友人たちに披露できる機会は挙式と披露宴だけです。それに、出席した人ゲストとも幸せをわかちあうことができ、そこから新たな出会いも生まれることもあります。式を挙げることは、自分たちだけではなく出席してくれた人たちのためにもなるのです。

結婚式の意味

結婚式は初めて二人で行う作業

また、結婚式そのものはふたりにとって初めて乗り越える、つくりだすものでもあります。挙式と披露宴を二人が企画し、実行する。もちろん会場のスタッフはいますが、結婚する二人の意見が可能な限り尊重されます。《こんな演出は喜んでもらえるかな》《美味しい料理を用意しよう》このように、ゲストに満足してもらいたい、という気持ちでイベントをすることもそうないものです。予算や準備期間、本番の事など考えることはとても多いですが、自分たちだけでなく招待客も満足できる式になったときの達成感や喜びは、日常生活の中では味わえないものです。そして、相手のことを理解するきっかけにもなるのです。

両親の感謝のための結婚式

また、多くの人が結婚式を挙げる理由でもあるのが、両親への感謝を伝えることです。子どもは成人したときに一人前になるという考えもありますが、やはり結婚式でお互いへの感謝や大事にしたいという気持ちが、より溢れてくるものです。結婚式は子どもが親から完全に離れ、一人前になったことを実感する機会でもあります。これからパートナーとともに人生を歩んでいく姿を見せることで、両親を安心させるだけでなく、今までの感謝の気持ちや伝えたい事を、言葉で伝えてみましょう。

家族への感謝にオススメなプラン

家族へ感謝の気持ちをダイレクトに伝えるために、家族向けの結婚式はいかがでしょうか。サンアクアでは家族向けのプランや、親しい間柄の友人向けのプランもございますので、ぜひ検討してみてください。 ⇒ 家族の結婚式はこちら
⇒ 少人数結婚式はこちら

人気キャンペーンランキング