結婚式の流れとは?一般的な展開を紹介!

晴れやかな一日となる結婚式。これから式を挙げようと考えているカップルのみなさんは、一般的な結婚式の流れを知っているのでしょうか?式の流れを知っていれば、自分がどのように動いて、 何をしなければいけないのか、およその判断は付くはずです。

何も分かれなければ、どうしたらいいのか、当日になって、結構不安になってしまうことがあるんですよ。
そうならないためにも、しっかりと頭の中で自分の結婚式を想像してみてはどうでしょう。

挙式の流れとは?

挙式には大きく分けて3つあります。
憧れの純白ドレスでキリスト教式と、厳かな雰囲気の神前式、自由な形式の人前式です。
それぞれの基本的な流れをご説明しましょう。

チャペル結婚式

■キリスト教式

純白のウェディングドレスは女性の憧れでもあり、一番人気があります。

【1】 最初に教会へ入るのは列席者
 ↓
【2】 牧師が開式の辞を宣言
 ↓
【3】 新郎入場
 ↓
【4】 新婦入場
 ↓
【5】 賛美歌斉唱
 ↓
【6】 牧師が聖書を朗読
 ↓
【7】 誓約する
 ↓
【8】 指輪の交換と結婚証明書への署名
 ↓
【9】 誓いのキス
 ↓
【10】結婚成立宣言
 ↓
【11】新郎新婦退場
 ↓
【12】列席者退場

そのあとは、鐘を鳴らしたり、フラワーシャワーをしたり、厳かなムードから一変して、緊張がほぐれるでしょう。

■神前式

昔からの日本ならではの形式はいまも人気が高いです。
いろいろな作法があるので、流れに関しては覚えるのは困難ですが、式中もきちんと順序を教えてくれるので心配はありません。

【1】 参進の儀(さんしんのぎ)
 ↓
【2】 入場
 ↓
【3】 修祓(しゅうばつ)
 ↓
【4】 祝詞奏上(のりとそうじょう)
 ↓
【5】誓盃の儀(せいはいのぎ)
 ↓
【6】神楽奉納(かぐらほうのう)
 ↓
【7】誓詞奏上(せいしそうじょう)
 ↓
【8】玉串奉奠(たまぐしほうてん)
 ↓
【9】指輪の交換
 ↓
【10】親族杯の儀(しんぞくはいのぎ)
 ↓
【11】斎主あいさつ(さいしゅあいさつ)
 ↓
【12】全員退場

■人前式

自由な形式で、場所も選ばずオリジナルな挙式が作れます。
列席者も緊張感なく楽しめる形式です。

【1】 参列者入場
 ↓
【2】 新郎新婦入場
 ↓
【3】 司会者が開式宣言
 ↓
【4】 参列者の前で誓いの言葉を拝読
 ↓
【5】 指輪の交換
 ↓
【6】 結婚証明書に署名(婚姻届でもOK)
 ↓
【7】 結婚成立宣言
 ↓
【8】閉会の言葉

披露宴の流れとは?

披露宴

【1】 新郎・新婦入場
 ↓
【2】 新郎と媒酌人からの挨拶と祝辞
 ↓
【3】 主賓の祝辞
 ↓
【4】 乾杯の挨拶
 ↓
【5】 ケーキ入刀
 ↓
【6】 お色直し
 ↓
【7】 新郎・新婦再入場
 ↓
【8】 キャンドルサービス
 ↓
【9】 友人からの祝辞や余興
 ↓
【10】両親へ花束贈呈
 ↓
【11】謝辞

これが一般的な披露宴の流れとなります。
あとは新郎・新婦の粋な演出やこだわりを取り入れることで、オリジナルな披露宴になります。

二次会の流れとは?

新郎・新婦は二次会開始時間の30分前までには会場入りしましょう。
【1】 新郎・新婦入場
 ↓
【2】 新郎から挨拶と乾杯
 ↓
【3】 ケーキカット&バイト
 ↓
【4】 ゲームなどの余興
 ↓
【5】 ムーブ映像(出会いから結婚まで)
 ↓
【6】 新郎新婦挨拶&退場

このように、披露宴の内容と重なる場合もあるので、披露宴ではできなかったことを取り入れてもいいですね。
二次会の用意などセッティングは幹事の人がする場合が多いので、打ち合わせも肝心ですよ。

家族と共に結婚式を過ごしたい人にオススメの挙式プラン
家族の結婚式

仲の良い人と少人数で盛り上がるための挙式プラン
少人数結婚式

人気キャンペーンランキング