少人数結婚式の受付はどうする?

増えている少人数結婚式

本人達と、両親・兄弟くらいで行う少人数結婚式というスタイル。結婚式をあまり派手にしたくない人達や、年齢が若く、つきあっている友人や知人の数が少ない場合や、結婚式に費用をかけたくない場合など、様々な理由で少人数結婚式という方法選択して式を挙げるカップルが増えています。

家族だけの場合は受け付けは省いてもいい

当日に向けて準備していくなかで、このスタイルを選んだ人たちは受付の有無について悩むことがあります。出席する人達は少人数での結婚式というだけに、新郎新婦の家族が中心となります。この場合は、改めて受付を通して招き入れる必要がありませんので、省いてもいいでしょう。

親戚や友人がいるなら受付を用意することもある

ただ、少人数結婚式とはいっても、家族だけにとどまらず親戚や一部の友人も招く場合は、受付を用意することもあります。少人数結婚式で受付を用意する場合は、受付の仕事について説明をしておくことも必要です。記帳をしてもらい、その日にお祝いを持ってくる人達からお祝いを受け取り預かります。結婚式が終わったら、多くの場合は新郎新婦の両親に、預かったお祝いを渡します。少人数結婚式の場合の受付係は、兄弟や姉妹に依頼をすることがよい方法です。弟や妹など、自分よりも年齢が若い家族がいた場合には、そういった人達に依頼をしましょう。

結婚式の受付

受付で記帳して貰うことで思い出になる

例外ですが、たとえ家族だけの結婚式でも、晴れの日には受付を通り、記帳をして式場に向かうことにこだわりたいという方もいます。そう言った場合はぜひ受付を取り入れ、この役を誰かに依頼するようにしましょう。家族が集まって結婚式をあげたことの証明として、記帳が役割を果たし、後まで残る良い思い出になります。

一般的には少人数結婚式の場合、受付を用意しなくても良しとされますが、ふたりの思いや招待客の構成によっては準備することもあるということです。少人数の記帳となりますが、新郎や新婦にとっては、かけがえのない思い出となり、大切にとっておくことが出来ます。

サンアクアの少人数結婚プランはこちらです。
家族の結婚式
少人数結婚式

人気キャンペーンランキング