結婚の費用!負担の割合はどっちが多い?

戻る

結婚の費用負担はどっちが多い?

結婚式の費用は招待客やドレスで大きく左右される

結婚式の費用は高額なものです。なかなか全額現金払いは難しいですよね。
式場によって支払い方法は異なりますが、だいたいは式当日までに全額を支払うことが多いようです。そうなれば、資金集めは大変です。
一生懸命に貯金しているカップルもいれば、親からの援助を受けて結婚式を挙げているカップルもいます。
カップルで費用を全額用意しているのであれば、何も問題ないのですが、親に負担してもらっていると、厄介なこともあるんです。
その費用をめぐって、負担する割合が問題に、、、。
結婚式の費用は、招待する人数やドレス代によってかなりの差が出てきますので、一概に折半というのは難しいですよね。では、どうやって決めているのか、その現状を調査しました。

ドレス

旦那と花嫁の費用負担の割合は?

「すべて折半にしましょう」となれば、悩むことがないこの問題。この折半というのは、簡単にはできないんです。一般的には、折半というカタチを取るのが多いのですが、中には、旦那側が多く支払うこともめずらしくはありません。
割合としては、旦那側6:花嫁側4というケースや、反対に、花嫁側6:旦那側4というケースもあります。この費用負担の割合については、2つの問題点があります。

旦那側と花嫁側の招待客の人数の差がある。

これはよくある問題です。お互いの親戚の人数や友人の数が違えば、なかなか同じ人数に合わせるのは難しいものです。1人や2人なら気にならないですが、10人以上も違えば高額な差が出てきます。
そうなれば、旦那側の人数が多いのであれば、旦那側が多く支払うことにすれば問題ないですよね。

花嫁側のドレス代が旦那側の衣装代より高額。

どうしてもドレス代は高額になってしまいます。それを気にして、花嫁側がドレス代を負担することが多いのです。はじめから、ドレス代は花嫁側が払うものと考えておけば、この問題も解決します。良心的に「ドレス代も折半でいい」と言ってくれるのであれば、それは感謝することです。
このように、折半というカタチにしない場合は、お互いに臨機応変に進めて解決していくことです。あまり細かく割り当てるのもよくありません。
トラブルを抱えないためにも、事前に両親と話し合うことが必要ですね。

パーティ

親の援助はどのくらい?平均額は?

親から援助してもらえるお金は、約180万円が平均と言われています。
ですが、親からの援助を頼っていてはいけませんよ。
これは、あくまでも、全国の平均の額です。きっちり180万円貰えることは考えない方がいいでしょう。
まずは、きっちりと両親に相談することです。招待客はどのくらい呼ぶのか。自分たちの貯金がいくらあって、あとどのくらい必要なのか。しっかり話し合った上で、ご両親が援助してくれるのであれば、感謝するべきですよ。
また、結婚のトラブルで多いのが、親からの資金援助についてです。はじめから親の資金に頼ったばっかりに、思ったより結婚資金がなく、親と揉めるケースがあります。このようなことがないように、結婚の資金は自分たちで貯蓄することを一番に考えましょうね。
結婚の資金でもめそうなときには、ミニマムな挙式プランを準備している会場も結構あります。サンアクアでは家族のみで楽しめる挙式プラン少人数で楽しめる挙式プランもあるので、興味がある方チェックしてみてくださいね。

人気キャンペーンランキング